【paypay一時使用不能に!】支払いを電子決済システムだけに頼るのは危険。



消費税増税スタート

2019年10月から消費税10%の時代がスタートしました。

老後を考える身としては、毎日の消費生活に2%の負担が増えるということは、非常に痛いことです。

しかし、2020年6月までは、この増えた分の2%が還元されるサービスがあります。

ですので、約9ヶ月間は、このサービスをできるだけ受けることで、増税分を取り戻すことができます。

増税分を取り戻すサービスは、消費者が電子決済システムを使用することで、増税分がポイントで還元されるというものです。

 

paypayのトラブル事例

ボクの場合は、電子決済システムとして世間の評判が高い「paypay」を導入してみました。

最近、「paypay」が使える店が増えており、スマホにアプリを入れて、ぴっ!としてもらうだけで、支払いが済みます。

コンビニなんかでも便利ですね。

これで、消費税の還元サービスの恩恵を受けることができます。

ところが、2019年10月5日、とんでもないことが起きました。

それは、「paypay」がキャンペーンで、その日1日に限り、「最大20%戻ってくる」のキャンペーンサービスを設定したのです。

事前にその情報を知っていたボクは、妻と食事でもしようと「paypay」が使えるお店を予約していました。

当日、約1万円分の食事をして、支払いを「paypay」でしようとすると、とんでもないことが…。

「paypay」のアプリを起動しても、エラーが出てつながらないではありませんか!

どうやら、キャンペーンの日に合わせて使用する人が急増して、サーバーがパンクしているようです。

焦りました。

最近は、電子決済システムがあるからと現金をあまり持ち合わせていません。

この日は奇跡的にお金を財布に入れていましたので、支払いをすることができました。

しかし、支払いをするときに使えないなんて・・・恐ろしい。

今の段階では、このような事が起きるので、電子決済システムのみに頼るの危険です。

やはり、いくらかの現金も持ち合わせておかなければと思わせる事件でした。

しかし、「最大20%戻ってくる」のキャンペーンにつられて、1万円消費したのに、1%も戻ってこないなんて、

腹立つ!

帰りにタクシーに乗るとタクシーでも「paypay」が使えるとうことで、再度チャレンジしました。

やはり、同じ画面が出ますが、支払いのための救済ページに誘導され、支払いできるかと思いました。

しかし、結局、ポイントをチャージするシステムもパンクしていたので、結局使えず・・・。

待っていただいた運転手さんにも多大な迷惑をおかけしました。

明らかに、「paypay」側に問題があるのに、今回のような使用者側の不利益には何の対応もなされないのでしょう。

一応、「paypay」のホームページから苦情の問い合わせはしておきましたが、支払いの証拠もなく泣き寝入りです。

馬鹿げてますな。

 

まとめ

今回のように、システム上のエラーが出るのが電子決済システムの弱点です。

こんな時、一番頼りになるのは、現金です。

財布に現金が入っていると安心です。

そして、この安心感が電子決済システムで様々な恩恵をうける余裕につながります。

今のところ、電子決済システムは100%信用するには値しません。

現金あってこその消費生活です。

 

 





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください