【Word Balloon Pro】吹き出しプラグインWordBalloonが有料サービス開始。これまでの無料版を問題なく使う方法。

どうも、kyo3です。

 

2019年3月18日現在。

ワードプレスで使う吹き出しプラグイン「Word Balloon」のバージョンがついに、0.66から1.00になりました。

このバージョンアップは、これまでは大きく異なります。

バージョンが1.00になったことにより、「Word Balloon Pro」(有料)が正式にリリースされました。

このことによって、0.66から1.00にバージョンアップすると、機能に少し制限が加わります。

無料で使い続けたい方は、0.66でバージョンアップを止めておくことが必要です。

つい、うっかりバージョンアップしてしまった方の対処法は下の方に書いていますので、参考にしてください。

まだ、十分検証していませんが、速報版として情報提供します。

 

新規アバターが登録できない

これまでのWordBalloonはバージョンが、0.66でした。

本日(2019.3.18)より、バージョン1.00への更新が表示されています。

しかし、このままWordBalloonを1.00にバージョンアップすると、これまで設定画面でできていたアバターの登録ができなくなります。

これは、新規プラグインでWordBalloon1.00をインストールした場合も同様です。

WordBalloonの設定画面を開いてみると、次のように表示されています。

注目すべきは、

Word Balloon PROを使用すると下記の事が可能になります。
アバターの登録、吹き出し、アイコン、各種設定のカスタマイズ

となっています。

ということは、これまでどおり、上記機能を使うためには、「Word Balloon PRO」を使用することが必須ということでしょうか。

これまで使っていた方は、カスタマイズはさほど必要ではないと思います。

しかし、新規アバターが登録できないとなると吹き出しの表現に大きな影響を与えます。

 

これはちょっと困りました。

ここで、バックアップに関するプラグイン「UpdraftPlus – Backup/Restore」等を導入していれば、WordBalloonをバージョン0.66に戻すことができます。

しかし、バックアップを取っていないという方は、次のような対応方法があります。

 

以前のバージョンを使うためには

このままでは困ります。

ということで、作者のページに飛んでみました。

すると「Word Balloon PRO」が販売される前のバージョン0.66へのダウングレードの方法も紹介してありました。

作者ホームページの右側「Word Balloon」と書いてあるアイコンをクリックします。

表示されたページをスクロールしていくと、下の方に旧バージョン(0.66)へのダウングレードの記事にたどり着きます。

ここで、バージョン0.66をダウンロードし、再度ワードプレスにインストールすると以前のWord Balloonが問題なく使えるようです。

しかし、バージョン1.00がインストールされたままだと、0.66はインストールできません。

1.00をいったん削除する必要があります。

 

プラグインの削除は要注意

吹き出しプラグイン「WordBalloon」を削除すると、これまで登録したアイコンの登録データが消えてしまいます

0.66を再インストールした後、再度アイコンの登録をしなければなりません。

アイコンの登録順序等、スクリーンショットを撮っておきましょう。

詳しくは、下記記事を参考にしてください。

WordBalloonを再インストールするときの留意事項を記載しています。

【Word Balloon ユーザーの評価】ワードプレスで吹き出しが簡単に。これは使いやすいぞ!

 

正式にライセンス契約する

吹き出しプラグイン「WordBalloon」はたいへん便利なプラグインです。

「WordBalloon Pro」がリリースされたのを機会に、正式にライセンス契約するのも1つの方法です。

気になるお値段はというと…

うーん。

1年間で1,280円。

支払えない金額ではありませんが、期限付きです。

1年経てば、更新が必要なようです。

となると、ボクみたいにチョイ趣味くらいでブログ書いている方には、有料版は少しハードルが高いかもしれませんね。

 

 

とりあえず、速報版です。

WordBalloonは、記事に吹き出しをつくるには便利なプラグインです。

これまで、使っていた方、これから使おうと思っている方の参考になればと思い、急ぎ記事を作成してみました。

 

ではまた。

ボクのサイトが本になりました。↓

【悲報】ボクのブログがKindleになったが、仕上がりは最悪。

サイト運営を100年続けるためにはオンリーワンのドメイン取得とレンタルサーバーがカギ。

 



 


想定していなかった2回目の結婚は素敵なものでした♪

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください