【50歳からのネット婚活12】プロフィール欄を充実させるだけで出会いのチャンスは激アツになる。

ネット婚活の大海原で迷走した航海記録 12



ネット婚活編


にほんブログ村 恋愛ブログ ネット恋愛へ
にほんブログ村

50歳代で全く想定していなかった熟年離婚をしました。
こちら↓

【冤罪離婚⑭】ついに離婚調停が決着。調停の内容や解決金の金額は?ー第8回調停ー

 

その後、ネット婚活1年で無事7つ年下の可愛い奥様をゲットしました。

 

もちろん、ネット婚活は順調だったわけでなく、本当に再婚を意識できたのは活動後10ヶ月以降です。

それまでは、サクラに出会ったり、→こちら

誹謗中傷されたり、→こちら

せっかく仲良くなった人が突然いなくなったり、→こちら

というようにうまくいかないことばかりでした。

 

当然、その間も会費は発生していますので、お金ばっかり使って何やってるんだ?

みたいな感じでした。

まあ、その分、勉強させてもらいましたが。

そこで、今回はいろいろ経験してみて、実のある交際にまでつながるために大切なプロフィール情報について話題にしてみたいと思います。

プロフィールを充実させる

写真は必須

私自身も最初は写真を公開することには抵抗がありました。

知り合いに見られたらどうしよう。
50代の顔なんて、逆に引かれるかも。

など、マイナス思考に走ってしまいます。

 

しかし、顔写真のない方に真剣なアプローチがあることはほぼないと思ってください。

つまり、写真なしで活動していてもお金と時間の無駄と言うことです。

 

むしろ、50代の顔を見て、気に入った人がいれば、そこから大きな一歩が踏み出せます。

 

ボクは、ネット婚活始めて1年で再婚できました。

今の妻は、ボクの写真を見て、好感を持ったからやり取りが始まったのです。

彼女は眼鏡フェチで、好きなタイプは、ips細胞の山中伸弥教授だそうです。

 

7つ年下の女性から、そう思われることもあるわけですから、写真は公開すべきです。

繰り返します。

写真を公開していなければ、出会いの可能性は0です。

 

趣味の欄はよく考えて

趣味は人それぞれあっていいと思います。

ないより絶対あった方がよいです。

趣味をきっかけに話題も広がりますので、趣味の欄は熟考の上、記入しましょう。

 

ただ、書いているとどんどん自分をよく見せたい、大きく見せたいという傾向に陥るときがあります。

例えば趣味が海外旅行と書いてあると、

活動的
英語が堪能
お金持ち
旅慣れている

みたいにプラスイメージを抱かれることはまちがいないです。

 

同じ旅行が趣味の方とは大いに話が盛り上がると思います。

 

しかし反面、真剣に結婚を考えている人は、海外旅行が趣味で結婚後はどうなるんだろうと少し不安を感じます。

 

ボクみたいな一般庶民からすると、ゴルフとか高級車とか、ちゃんとつきあえるのか不安になります。

 

ちなみに僕ら夫婦はネット婚活で出会って、結婚後の週末は、

日帰りのドライブ
買い物
映画
家でゴロゴロ

と平凡ですが落ち着いた幸せな日々です。

 

趣味の欄も程ほどがいいかもしれませんね。

 

妻の当時の自己紹介は‥

休日はドラマや漫画を見てゴロゴロしてます。
たまには家から連れ出してください。
新妻あつこん
新妻あつこん
ボク
ボク
安心できるなぁ

まとめ

約1年間の活動歴から、プロフィール欄について考察してみました。

しかし、必ずしもこの通りだとは限りません。

あくまでもボクの場合であって、出会いは最終的には「縁」です。

【ネット婚活成功】50歳男性が1年内に結果を出すことができたサイト情報。

次回↓

【50歳からの婚活13】初めて会うときには、気負わずお互いデニムで気軽に会ってみた。

 


婚活ランキング

婚活にかおりは重要。バツイチ熟年離婚者が7歳年下モデル体型の妻と再婚できた理由。



ネット婚活だったら世界中の女性と恋愛できますな♪

サイト運営を100年続けるためにはオンリーワンのドメイン取得とレンタルサーバーがカギ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください