【50歳からのネット婚活16】メッセージ交換でグッと距離を縮める。相手の心をつかむ書き方のコツは行間を読み、感情をコントロールすること。

ネット婚活の大海原で迷走した航海記録 16



ネット婚活編


にほんブログ村 恋愛ブログ ネット恋愛へ
にほんブログ村

ネット婚活では、実際会うまでは文字情報が全てです。

メッセージのやりとりの中で、不快に感じたり、相手を不快に感じさせたら、そこで終わり。

 

ネット婚活も始めた当時は、相手してもらえれば誰でも良いと思っていた時期がありました。

よくもまぁ、こんな相手とやりとりしたもんだ。こちら↓

【50歳からの婚活7】ネット婚活は忍耐が必要。会うまではいろいろ難しい。

ボク
ボク
相手次第では、自信をなくし落ち込みます。
自分でまいた種だろ?
じゅんいち
じゅんいち
ボク
ボク
そりゃそうですけど。。。
もう少し、ましなやりとりはできんものか。

 

パソコンの文字の先には人がいます。

その人の人間性がメッセージに表れています。

失礼なメッセージを投げてくる人の人間性はその程度。

それは、自分にも言えます。

 

では、ネット婚活でのコミュニケーションの99%以上を占めるメッセージ交換のコツについて考えてみましょう。

 

メッセージ交換のこつ

私とあなたが異なるように、恋愛の進め方もまちまち。

そして、縁というものは運にも大きく左右されます。

 

しかし、何かアクションを起こさなければ、何も進みません。

何事も勇気を出して一歩進んでみることが大切だと思います。

 

ネット婚活ではアクションの99%以上がメッセージを読む、書くという作業です。

それは、常識的に行動していれば、大きなトラブルに巻き込まれるリスクはありません。

アクセルとブレーキを上手に踏み分ける術もやっているうちに自然に身につきます。

 

最終的には上手なメッセージ交換が出会いにつながります。

会ってからが本当のスタートです。

では、どんなメッセージの交換が良いのか。

 

これもいろんな考えがあります。

しかし、考えすぎるよりは、あまり気負わず、自然体で良いと思います。

いくつか自分の体験をもとに整理してみます。

 

相手のメールをよく読む。

あなたがメッセージに込める思いは何でしょう?

自分のことを知ってもらいたい。

相手のことを知りたい。

会って話をしたい。

など、その時々でメッセージに思いを込めると思います。

時には、直接表現したり、またあるときは暗にほのめかしたりします。

 

これは相手も同じです。

自分を映し出している鏡が相手のメールです。

 

ですから、相手のメールに関しては

  • 業間まで読んで、何を伝えたいのか、どんな方なのか可能な限り推測する。
  • 相手の話題に乗って返信しましょう。
  • 相手の投げかけには丁寧に答える。
  • 返信に自分からの投げかけも入れておく。

 

ということを心がけましょう。

相手もあなたに自分のことを知ってもらいたいのです。

返信に自分が書いた内容が触れてあると、ああちゃんと読んでもらってるとうれしくなります。

また、問いを投げかけられると相手が知りたいことをピンポイントで答えられます。

さき
さき
最近、日本酒の味を覚えましたの。
ボクの地元にも良い地酒がありますよ。
佐藤
佐藤
さき
さき
今度、飲んでみたいなぁ。

どんどん仲良くなります。

そして、自分をよく知ってもらうきっかけになります。

日本酒っておやじの飲み物だよね。
ボク
ボク
そういうデリカシーのない会話が、ダメなんだよ。
自分がまいた種ってのはそういうこと!
じゅんいち
じゅんいち

 

くどく長すぎない文章がよい。

メッセージ交換がうまくいくようになると、相手のことをもっと知りたい。

自分のこともたくさん知ってもらいたい。

という気持ちが高まってきます。

こんな時こそ、いったんブレーキが必要です。

 

1回のやりとりでがんばりすぎるとお互い疲れます。

これは続かない原因にもなりかねません。

前回、大作のメッセージをもらって、次回少ないと物足りないという気持ちも起こるでしょう。

ボク
ボク
きっとボクなんて、10番手くらいで後回しにされてるんだ。
ボク
ボク
ボクの事なんて、あんまり関心がないんだよ。
きっと‥。
おまえ、ダメなやつだな。
もう少し、相手を信じたらどうだ?
じゅんいち
じゅんいち

 

焦りや嫉妬は、正常な判断を狂わせるので、できるだけ排除の方向で。

 

鈴木
鈴木
まあ、彼はこれまでつらい経験をしてきているからね。トラウマなんだろう。

彼のつらい体験はこちら。↓

【冤罪離婚⑮】専業主婦との離婚はやっかいでダメージが大きい。~1年にわたる離婚調停を終えて~

 

まあ、とにかくメッセージ交換は欲張らない。

次を楽しむくらいでちょうど良いです。

 

まとめ

相手のメールをよく読む。

1回のメッセージで欲張らない。

このことに気をつけて気楽にメールを重ねます。

 

こんな感じでキャッチボールを続けていくと、自然と会いたいなという雰囲気になります。

 

ただし、一人で盛り上がりすぎるのも危険です。

相手の文字は笑っていても、中の人は意外に真顔。

この記事のおちゃらけた吹き出しを入力しているボクも意外に真顔なのです(笑)

次回↓

【50歳からのネット婚活17】サイトでの活動を最適化するとアラフォーの若い女性からもアプローチがある。


婚活ランキング

婚活にかおりは重要。バツイチ熟年離婚者が7歳年下モデル体型の妻と再婚できた理由。



ネット婚活だったら世界中の女性と恋愛できますな♪

サイト運営を100年続けるためにはオンリーワンのドメイン取得とレンタルサーバーがカギ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください