【再婚相手は東京の女3】クレジットカードやペイペイを上手に使ってTポイント生活。

ネット婚活で東京からやってきた妻との生活 3


ネット再婚生活編


にほんブログ村 恋愛ブログ ネット恋愛へ
にほんブログ村

ネット婚活で再婚。

お互いバツイチ同士。

そんな二人の生活ってどうなんでしょうか。

まずは生活の基盤となる経済状況について情報提供します。

 

二人の収入(手取り)を合わせると44万円

妻は東京での仕事を辞め、九州へと転居してきました。

現在は、二人の収入は夫の給与が主です。

月々の給与のうち、様々引かれて約38万円が手元に残ります。

その収支を見てみると…。

  • 給与      …  380,000円
  • ほぼ確定している支出…310,000円

支出内訳

仕送り(大学生)…  110,000円
各種ローン   …   75,000円
ガソリン代   …   30,000円
水・光熱費   …   20,000円
通信費     …   15,000円
食費・雑費   …   60,000円

 

380,000円 - 310,000円 = 70,000円

この残りの7万円を、ボク4万円、妻3万円と分けています。

ボクは男だし仕事に拘束される時間が長いので、これで十分やっていけます。

 

しかし、女性は他にもいろいろお金がかかります。

新妻あつこん
新妻あつこん
お化粧も必要なの。

そこで、妻はちょっとしたバイトで6万円くらいを稼いでいます。

ボクの服もたまに買ってくれるので助かります。

妻が自由に使えるお金を持っていた方が、夫婦生活が豊かに過ごせます。

 

カード決裁は便利でお得

ほぼ確定している支出31万円のうち、半分くらいはカード決済です。

ボクのカードに新たに家族カードを1枚作ってそれぞれが持っています。

いろんなクレジットカードが選択肢としてあります。

ですが、ボクらの場合は、Tポイントが使えるYahoo!Japanカードが便利です。

 

Yahoo!Japanカードは超お得

まずもって、Yahoo!Japanカードは年会費無料です。

そして、Yahoo!Japanカードは、ヤフーショッピングで使うとTポイントがつきます。

さらに、これが新規加入ならば、最大10,000ポイント(1万円分)が付きます。

夫婦それぞれ作れば、最大20,000ポイント(2万円分)です。

 

さらにさらに、最近評判のスマホ決済「paypay」。

「paypay」は便利です。

登録するだけで、500円分のポイントがもらえますので、ぜひ使いたいところです。

また、2019年3月現現在、キャンペーン中ですのでポイント還元率が半端ないです。

「paypay」と相性が良い「ヤフージャパンカード」での決済を選択しておくと、使用金額の20%(1,000円を上限)が戻ってきます。

また、10回に1回の確率で、最大1,000円のpaypay残高は付与されます。

通常のポイントバックは1%くらいですので、破格のサービスです。(2019年5月31日まで)

 

そして、「paypay」での便利なクレジットカードでのチャージ。

 

これはYahoo!Japanカードじゃないとできません。
※アプリを使えば、他のクレジットカードも使えそうです。ただし、JCBが使えるのはYahoo!Japanカードだけです。

ぺいぺい
ぺいぺい
スマホ決済のペイペイだよ。 ボクとも仲良くなろうね。ヤフージャパンカードだとペイペイにチャージできるよ。

いろんなクレジットカードがありますが、Yahoo!Japanカードには損をする要素が見当たりません。

そして、ポイント還元&ポイント使用がうまく運用できるところは重要です。

上手にポイント生活

ボクらの自宅は国道を挟んで、目の前がファミリーマート(Tポイント加盟店)です。

Tポイントを使いやすい環境で生活しています。

ダブルカウントできるポイントを除けば、ポイントが分散するのは損です。

ですので、Tポイント以外の競合するポイントカードはできるだけ使わないようにしています。

 

食費については妻が購入することが多いです。

近くのイオンでYahoo!Japanカードで購入すると、Tポイントとワオンポイントがダブルで貯まります。

このTポイントは、月に2,000円分くらい貯まるので、かなりお得感があります。

 

将来の展望

数年後にボクの子どもが自立すれば、仕送りの必要がなくなります。

これで、経済状況はさらによくなります。

さらにその数年後、ボクが退職し、退職金が手に入ります。

しかし、ここから数年は年金受給年齢まで、うまく収支を工夫していかねばなりません。

ボク
ボク
ずっと2人で穏やかに暮らすのにお金は大事だよ。

そして、ボクと妻の年齢差が7歳あります。

ですので、二人分の年金がもらえるようになるのは、ボクが72歳、妻が65歳の時です。

ここからが、本当の意味での終活までの収入安定期ということになります。

あと約20年後です。

これには、いろんな課題があります。

詳しくはこちらの記事をどうぞ↓

【再婚相手は東京の女4】年金と老後貯金。再婚後、死が二人を分かつまでに考えなければならない問題。

 

まとめ

まだまだ、二人の生活は始まったばかりです。

楽しい事がいっぱいで、ついつい散財してしまいます。

将来を見据えて、二人で上手に生きて行ければと思います。


婚活ランキング


想定していなかった2回目の結婚は素敵なものでした♪

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください