【再婚相手は東京の女4】年金と老後貯金。再婚後、死が二人を分かつまでに考えなければならない問題。

ネット婚活で東京からやってきた妻との生活 4



ネット再婚生活編


にほんブログ村 恋愛ブログ ネット恋愛へ
にほんブログ村

東京からやってきた妻とのこちらでの生活もほぼ1年となります。

あつこん
あつこん
だいぶん慣れてきたのね。

妻は、時には虫と格闘しているときもあります。

【再婚相手は東京の女1】東京からやってきた新妻は家事が完璧だが日々、騒々しく虫とバトルしている。

さて、ネット婚活で再婚したボクたち夫婦。

年齢差はボクが年上の7歳です。

普通に考えれば、ボクの方が先に死んでいくのでしょう。

でも、老後のことを考えれば、あまりにも早くボクが死んでしまうと妻が路頭に迷います。

今回は、二人の老後から終活について考えてみたいと思います。

 

老後生活の不安要素は経済面

夫がフルタイムで働いているうちは大丈夫

現在は、ボクがフルタイムで働いて、家計を支えています。

わが家の経済状況についてはこちら。↓

【再婚相手は東京の女3】クレジットカードやペイペイを上手に使ってTポイント生活。

 

妻は、1日4時間のバイトを週に4~5回。

あつこん
あつこん
コンサートや旅行にも行きたいし、私もがんばるのね。

月に6万円くらい稼いでいます。

現在は、贅沢をしなければ毎日十分楽しめる生活ができています。

 

年金受給までは不安が広がる

ボクが60歳になると今の職場は定年を迎えます。

恐らく、2年くらいは定年延長、再任用と65歳までは収入は減るものの、元気であれば働けます。

 

問題は、65歳以降。

ここからは、年金が主な収入源になります。

 

ボクの場合は、専業主婦と離婚しています。

この時、年金分割を行っていますので、同年代・同職の人に比べると年金の受け取り額は少なくなると予想されます。

ボク
ボク
手取りで今の3分の1くらいになるのかな。

こちらの記事もどうぞ↓

【恐怖の熟年離婚15-1】専業主婦との離婚はやっかいでダメージが大きい。~1年にわたる離婚調停を終えて~

 

さらに今の妻は若いので、妻の年金受給までは7年間待たねばなりません。

ボク65歳、妻58歳から7年間が経済的には地獄の期間です。

ここを何とか乗り切らねばなりません。

ボク72歳、妻65歳になると二人とも年金受給者になります。

ここからが経済的な老後安定期に入ります。

 

死が二人を分かつとどうなるか

今のところ、二人とも健康です。

しかし、老後の健康状態はどうなるか分かりません。

もしどちらかが亡くなってしまったらどうなるか考えてみましょう。

 

経済的に一人でやっていけるか

まず、ボク72歳、妻65歳までは生存しているという前提で考えていきます。

 

どちらかが先に亡くなってしまうと、一人の年金では生活の不安もあるかもしれません。

そのために、自宅のローンはボクが60歳の時に完済予定です。

これでまず、住居の不安はなくなります。

 

現在、太陽光システムを導入予定です。

これは老後の光熱費などの支出を減らすための先行投資です。

現在、オール電化での生活(二人)で月々の電気料金が約1万5,000円です。

これが、太陽光発電が導入されると、月々の電気料金を約5,000円に抑えることができます。

【再婚相手は東京の女10】老後の経済的不安を解消するために、家庭用太陽光発電を導入。

 

この2つで少なくとも、老後は8万円ほど支出を減らせます。

 

ライフラインは大丈夫か

経済的には一人でも何とかなりそうです。

問題は、車の運転ができなくなったときのライフラインは大丈夫か。

 

自宅の目の前は、コンビニエンスストアです。

最近はコンビニエンスストアで、ほとんど全てのことができます。

  • お金の引き出し
  • 郵便
  • 買い物
  • 各種支払い

そしていずれは、住民票取得など公的サービスも受けられるようになるかもしれません。

ここが閉店にならない限り、ライフラインは大丈夫です。

 

内科、眼科は歩いて行ける距離。

つい最近では、内科の近くに歯科ができました。

大手ディスカッションストアも歩いて行けるので、安心です。

 

本数は1時間に1本ですが、バス停も自宅の目の前です。

都会ほど便利ではありませんが、自宅近辺は生きていく上では便利です。

 

夫が先立つと

年齢から考えるとボクが先に亡くなる可能性が高いです。

ボク72歳、妻65歳の時であれば、妻は年金受給者になっていますので一人でも生きていけます。

ボク
ボク
あつこんの生活力はS級です。
あなたがいなくなったら、つまんないなぁ。
あつこん
あつこん

年金受給の年齢になれば、妻もこの土地に住んで19年目になります。

土地にも馴染んでいるはずですので一人ででも生きていけると思います。

 

妻が先立つと

たぶん生活が破綻します(笑)

妻が亡くなったら長生きはできそうもありません。

 

動物界も映画界も大体♂が先に死ぬ

実際問題、女性の方が強いと思います。

その例を挙げてみますと‥。

 

ソデイカ

かつて、地元の漁師さんからソデイカの話を聞きました。

ソデイカ(学名: Thysanoteuthis rhombus)は全世界の熱帯から亜熱帯水域にかけて生息するイカの一種である。成体で胴長約100cm、体重は20kgほど、最高30kgにまで成長する大型の種である。

ウィキペディアより

このソデイカは1mほどの巨大なイカです。

通常群れることなく、オスメスのつがいで行動しているようです。

ボク
ボク
ボクらみたいに仲良しだね。
・・・。
あつこん
あつこん

漁師さんの話によると、

ソデイカは、メスが漁で捕まってしまうと、未練たらしくオスが船の周りをウロウロしているので、オスまで捕まってしまいます。

ボク
ボク
なんか分かる気がする。。。

逆にオスが先に捕まったら、メスはぴゅーっと遠くに逃げてしまうそうです。

ボク
ボク
あれまー。
ボク
ボク
ボクら大丈夫だよね。
ん?何が?
あつこん
あつこん

ちょっと不安になってきたな。

 

オオカマキリ

オオカマキリのオスは、交尾の最中にメスに食べられてしまいます。

ボク
ボク
なんと!

しかし、これは種の保存のために、メスに栄養を受け渡すための仕組みだといわれています。

ボク
ボク
ボクは痩せているので栄養は渡せないな。

逆にオスがメスを食べることはありません。

ですので、オオカマキリの世界でも、オスが先に死ぬことになります。

 

タイタニック号の悲劇

実話をもとにした映画「タイタニック」。

タイタニック号の沈没によって海に投げ出されたジャックとローズ。

 

「君は歳をとるまで幸せに生きて最期は温かいベッドで眠るんだよ。」

 

ジャックはローズを木のドアの上に上げ、力尽きて海の底に沈んでいきます。

ローズは、凍ったジャックの手をふりほどいて生を選択し、生き長らえます。

 

この部分は、フィクションです。

しかし、実際の場面では、女性や子どもを助けるためにたくさんの男性が船に残って死んでいったそうです。

ボク
ボク
ソデイカみたいだね。
またデリカシーのないことを言ってるな。
じゅんいち
じゅんいち

 

まとめ

結局、経済的な面がクリアーできれば、女性が生きながらえるのがいいみたいです。

ボク
ボク
男は弱い生き物だからねぇ。

 

サイト運営を100年続けるためにはオンリーワンのドメイン取得とレンタルサーバーがカギ。

 


想定していなかった2回目の結婚は素敵なものでした♪

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください