【恐怖の熟年離婚6-1】ハロー効果はピンチを切り開く。身だしなみと礼儀は家庭裁判所でも大切。

古い記憶を整理した一冊の日記 17頁




冤罪離婚編


にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村

離婚調停を申し立てられたボク。

離婚に同意さえすれば、問題は速やかに解決すると思っていました。

しかし、第2回離婚調停が終了した段階で、課題は新たに浮き彫りになるばかりでまだまだ先が見えません。

前回までの流れはこちら。

【恐怖の熟年離婚5-1】財産分与に慰謝料。家族のことよりお金を請求する妻に嫌気がさして、ついに離婚に同意。

離婚調停には調停員、場合によっては弁護士という第三者が問題解決に関わってきます。

夫婦だけでの協議に比べ、第三者の方々の夫や妻に対する心象は、問題解決の結果に大いに影響します。

 

そこで、今回は離婚調停をスムーズにすすめるための心理効果、

 

ハロー効果

 

について考えていきます。

 

ハロー効果とは

次のような2人の方のいずれかから、車を買うことにしました。

車種は同じです。

今後の商談をどちらの方と進めますか?

①髪を整え、スーツ姿でネクタイを締めた人が笑顔で明るくあいさつをする人。
②頭はパンチパーマ、Tシャツにジーンズ、タバコを加えしかめ面の人。

 

ほとんど人が前者を選ぶのではないかと思います。

 

これは、その人の身なりや態度を見て、

 

  • 商品もしっかりしたものを売ってくれるのではないか
  • 価格面の相談にも真摯に対応してくれるのではないか
  • アフターケアも万全なのではないか

 

などと心理面で感じてしまうからです。

 

このような心理的な効果をハロー効果と言います。

ハロー効果(ハローこうか、英語: halo effect)とは社会心理学の用語で、ある対象を評価する時に、それが持つ顕著な特徴に引きずられて他の特徴についての評価が歪められる(認知バイアス)現象のこと。後光効果、ハローエラーともいう。例えば、ある分野の専門家が専門外のことについても権威があると感じてしまうことや、外見のいい人が信頼できると感じてしまうことが挙げられる。

ウィキペディアより

評価が歪められるという説明にはマイナス面をイメージさせます。

しかし、マーケティングや求職活動などでは、最初の段階で良いイメージを持ってもらうことが大切です。

 

つまり、ハロー効果を知っておくことで物事をスムーズに働かせることができるのです。

 

離婚調停の場での効果

離婚調停は、調停員という第三者が間に入って、申立人側と相手側がそれぞれの主張を調整していく場です。

ある意味、短時間で人物を評価する面接の場にも似ています。

 

そのような場に出るとき、服装がジャージだったり、態度が悪かったりしたら主張している内容についても重く扱ってもらえないかもしれません。

また、自分側の弁護士に対しても同様です。

自分の事件に関して、関わる人たちが良いイメージを持ってくれるか、そうでないかで今後の調停の流れは大きく変わってきます。

 

ボクの場合は、弁護士さんとの打ち合わせ、調停への出席では全てきちんとした服装で礼儀作法には十分気をつけてきました。

また、指示やお願いにはできるだけ真摯に対応してきました。

その結果、次の3点で離婚調停がスムーズに進めることができたと感じることができました。

 

  1. 調停員さんが調停の方向性を決定づける条件を概ね私の意見で進めてもらえた。
  2. 調停員さんが粘り強く妻側の説得を行ってくれた。
  3. 調停員さんや弁護士さんからの労いの言葉が増えてきた。

 

逆に妻側は調停を無断欠席したり、資料の提出を怠ったり、感情的であったりということがありましたの。

そのことで弁護士さんとの方針がなかなか一致せず、途中で弁護士さんの降板という危機もありました。

 

妻への説明をしっかり行ってくれていたのが、妻側の弁護士さんでした。

ですので、私としては辞められると今後の調停がスムーズに進まなくなることを恐れました。

そればかりか、調停が不調で終わるということにもなれば、今までの苦労は全部水の泡となります。

 

そこで、妻側の弁護士さんから求められた資料にはよりわかりやすく丁寧な資料を準備して渡しました。

もしかしたら「敵に塩を送る」といった場面もあったかもしれません。

しかし、妻側の弁護士さんがしっかり妻に理解できるように説明するということが、問題解決の糸口でした。

 

このことで最終的に調停調書作成までこぎつけることができたました。

最後は妻側弁護士さんからも感謝の言葉もいただきました。

人を味方につけるためには、ハロー効果は大切です。

 

世界で唯一、味方にできなかったのが妻という悲しい現実はありますが…。

 

まとめ

ハロー効果、いかがでしたか。

心理効果をねらって行動するなど、小賢しいと思われるかもしれません。

 

しかし本質的には、人と接するときには、

 

身だしなみを整えましょう。

礼儀正しくしましょう。

 

というものです。

 

そのことが生きていく上でプラスに働くこともあるはずです。

離婚調停という最悪の事態です。

だからこそ、生きていく上での基本を忘れてはならないと思っています。

 

次回に続きます。

【恐怖の熟年離婚6-2】ピグマリオン効果は期待する結果に向かうために必要な心理効果。

 

サイト運営を100年続けるためにはオンリーワンのドメイン取得とレンタルサーバーがカギ。

 


恋愛・結婚(離婚)ランキング


古い記憶を整理した一冊の日記。

甘い記憶なのか、苦い記憶なのか。

どちらにしても、過ぎたことなのである。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください